難聴や耳鳴りのツボ

まずは耳鳴りに効くツボの紹介です。

しかし、耳鳴りが一時的なものなのか?日常的にいつもよく起こる耳鳴りなのか?
注意しなければなりません。
年齢を重ねていくと誰でも耳が遠くなります。
でも、それが年相応なのか?はなかなか判断が難しいところです。
ですから難聴のサインは見逃さないで下さい。
難聴や耳鳴りなどなにか耳のトラブルが起こった時には身体からサインが出ているはずなのです。
そんな時にぜひチェックしてみて欲しい「難聴・耳鳴りのツボ」をご酒お買いしておきます。
もしもここを押して「痛い!」と感じるならなにか耳の中でトラブルが起こっているかもしれません。

難聴・耳鳴りの方で今すぐやってみて欲しい難聴・耳鳴りのツボチェック

難聴・耳鳴りのツボチェック

テレビの音が大きくなったことを家族から注意された。
相手の声が聞き返すことが多くなってきた
損暗心当たりのある方はぜひ一度この難聴・耳鳴りのセルフチェックをしてみてください。
該当することが多くあれば難聴や耳鳴りについて要注意です。

まずは難聴・耳鳴りのツボを押してみて「痛い!」と感じるか?

①肩井(けんせい)のツボを押すとすごく痛い
②中府のツボを揉むと痛い
③外関のツボを揉むと痛い
④中渚(ちゅうしょ)のツボを触ると痛い
⑤合谷(ごうこく)のツボを押さえると痛い
⑥おへその下あたりを揉むと痛い、または固い
⑦承山(しょうざん)のツボを押しても痛みを感じない
⑧左右の承山(しょうざん)のツボを押した時に痛さが異なる

全身にある難聴・耳鳴りのツボを押してみて「痛い」と感じるのならばそれだけ耳を酷使している証拠です。
耳の中で何らかのトラブルが起こっているかもしれません。

難聴・耳鳴りのツボを押して痛いのは耳の中の蝸牛殻の内側の有毛細胞がダメージを受けているかも

加齢に伴う難聴や耳鳴りの原因は簡単いは特定できません。
耳の中で障害となる部分は
・音を感知する内耳の蝸牛
・内耳から脳へ信号を送る神経経路
・音の信号を認識する脳の聴覚野
その中のいずれかになります。
またこの中の複数が下人となることもあります。

しかし、一番考えられる原因は
内耳の蝸牛殻の内側にある有毛細胞がダメージを受けている可能性です。
有毛細胞は音の信号を感知し、それを脳へと伝える電気信号に変換する重要な役割を持っている細胞です。
正常で健康な人の蝸牛内部には正常な有毛細胞がびっしりと隙間なく並んでいます。
しかし、これが加齢であったり、イヤホンで大音量の音楽をずっと聴いていたりするとこの湯網細胞が抜け落ちたり折れたりして資亜夢のです。
この有毛細胞が障害を受けると、蝸牛は音の信号をうまく脳に伝えることができあm線。
このことが難聴・耳鳴りの原因となるのです。

残念ながら現代の医学ではこの抜け落ちたり折れ曲がってしまった有毛細胞を再生することはできません。
しかし、その進行は食い止めることはできます。
ですから、難聴・耳鳴りのサインが出たのなら放置していてはいけないのです。